CubeICE の設定

一般

メニュー等に関する設定

ファイルの関連付け

ファイルをダブルクリックした際に CubeICE で解凍(展開)するファイルの種類を選択します。 関連付け可能なファイル形式は、zip, lzh, rar, 7z, iso, tar, gz, tgz, bz2, tbz, xz, txz, arj, cab, chm, cpio, deb, dmb, hfs, jar, nupkg, rpm, vhd, vmdk, wim, xar, z の 27 種類です。

コンテキストメニュー

エクスプローラー等でファイルやフォルダーを右クリックした際に表示するコンテキストメニューを選択します。 それぞれの項目について、サブメニューも選択できます。

デスクトップに作成するショートカット

圧縮解凍 はファイルやフォルダーをドラッグ&ドロップする形で CubeICE を実⾏するためのショートカットを作成します。 圧縮 については、ドラッグ&ドロップしたときに作成される圧縮形式も設定する事ができます。

圧縮

圧縮に関する設定

保存場所

CubeICE で解凍(展開)した時、作成された圧縮ファイルを保存する場所を指定します。 指定できる場所は、以下の 3 通りです。

  • 指定したフォルダ
    常にユーザが指定したフォルダーに圧縮ファイルを作成します。 尚、指定したフォルダ をチェックしただけ(フォルダーの指定なし)の場合、デスクトップに圧縮ファイルを作成します。
  • 元のファイルと同じフォルダ
    圧縮対象となるファイルやフォルダーと同じフォルダに圧縮ファイルも作成します。
  • 実⾏時に指定する
    実⾏時に以下のようなダイアログが表示されます。
    名前を付けて保存
オプション

圧縮で設定可能なオプションは以下の通りです。

  • ファイルのフィルタリングを⾏う
    圧縮ファイルに特定の条件に合致する名前のファイルを含めないようにします。 圧縮ファイルに含めないファイルやフォルダー名は 詳細 タブで設定可能です。
  • 圧縮後に保存先フォルダを開く
    圧縮処理が終了した後に、作成された圧縮ファイルが保存されているフォルダを⾃動的に開きます。 この設定には、デスクトップの場合は開かない ように設定できるサブ項目が存在します。

解凍(展開)

解凍(展開)に関する設定

保存場所

CubeICE で圧縮ファイルを解凍(展開)した時に、作成されたファイルやフォルダーを保存する場所を指定します。 指定できる場所は、以下の 3 通りです。

  • 指定したフォルダ
    常にユーザが指定したフォルダーに圧縮ファイルを解凍します。 指定したフォルダ をチェックしただけ(フォルダの指定なし)の場合、デスクトップに圧縮ファイルを解凍します。
  • 元のファイルと同じフォルダ
    圧縮ファイルと同じフォルダに解凍します。
  • 実⾏時に指定する
    実⾏時に保存場所を決定するためのダイアログが表示されます。
オプション

解凍(展開)で設定可能なオプションは以下の通りです。

  • フォルダを自動的に作成する
    解凍する際に、元の圧縮ファイル名のフォルダを⾃動的に作成し、そのフォルダの中に解凍したファイル、フォルダーを保存します。 この設定には、指定された圧縮ファイルが単一のフォルダに全てのファイルが格納されている場合、フォルダを作成しないようにするサブ項目が存在します。
  • ファイルのフィルタリングを⾏う
    解凍する際に、特定の条件に合致する名前のファイルを保存しないようにします。 保存しない名前のファイルの設定は、詳細 タブで設定可能です。
  • 圧縮後に保存先フォルダを開く
    解凍処理が終了した後に、保存フォルダを⾃動的に開きます。 この設定には、デスクトップの場合は開かない ように設定できるサブ項目が存在します。
  • 解凍後に元のファイルを削除する
    解凍処理が終了した後に、圧縮ファイルを削除します。 ただし、このオプションが有効な場合でも何らかのエラーが発生した時やキャンセルボタンがクリックされた時には削除されません。

詳細

その他の設定

フィルタリング

圧縮解凍 タブの オプションファイルのフィルタリングを⾏う を有効にした時に、 実際にフィルタリング(除外)するファイル名を記述します。 フィルタリングするファイル名は 1 ⾏に1つずつ記述します。

初期設定では、システムが⾃動的に生成する desktop.ini, Thumbs.db, .DS_Store, _MACOSX の 4 種類のファイルをフィルタリング対象に設定しています。

その他

その他の項目で設定可能なオプションは以下の通りです。

  • 圧縮ファイルのツールチップにファイル一覧を表示する
    エクスプローラーなどで、CubeICE に関連付けられている圧縮ファイルにマウス・カーソルをあわせると、 ツールチップにその圧縮ファイルのファイル一覧が表示されます。
  • エラーレポートを表示する
    CubeICE で圧縮・解凍(展開)を⾏っている時に何らかのエラーが発生した場合、エラー内容が表示されます。
  • コンピュータ起動時にアップデートを確認する
    CubeICE がバージョンアップした時に、タスクトレイに通知されます。

バージョン情報

バージョン情報

CubeICE のバージョン情報が表示されます。 CubeICE には 32bit 版と 64bit 版が存在しますが、どちらを使用しているのかもここで判別できます。