CubePDF Utility による PDF ページの抽出

抽出

CubePDF Utility では、PDF ファイル中の任意のページを抽出して、下記のファイル形式で保存する事ができます。

  • PDF
  • PNG(ビットマップ画像ファイル)

ただし、選択ページを抽出抽出 も同様)メニューを選択した場合、保存形式は PDF となります。 PNG 形式で抽出する場合、詳細を設定して抽出 メニューを選択後に表示される下記専用ダイアログで 必要な設定を行って下さい。

*詳細を設定して抽出

詳細ダイアログの 出力ファイル には、抽出した結果を保存するパスを設定します。 ファイルタイプ は、PDFPNG の 2 種類が選択できるので、必要な形式を選択します。 PNG を設定した場合、DPI を設定する事ができます。 この値は、PDF ファイルの内容をビットマップ形式に変換する際のサイズ(幅、および高さ)の決定に用います。 例えば、A4 サイズの PDF ファイルを変換する場合、DPI の設定値に応じたサイズは下記のようになります。

  • 72dpi ... 595 × 842
  • 96dpi ... 793 x 1122
  • 144dpi ... 1190 x 1684
  • 300dpi ... 2479 x 3508

対象ページ は、選択ページ全てのページ範囲を指定 の中から選択して下さい。 範囲を指定 した場合、下部のテキストボックスに抽出するページ範囲を記載します。 使用可能な文字は、数字、","(コンマ)、および "-"(ハイフン)となります(例. 1,2,4,7-9)。

1 ページ毎に個別のファイルとして保存 オプションを有効にした場合、 例えば 10 ページの PDF ファイルを抽出すると 10 個の PDF ファイルが生成されます。 この際、生成される PDF ファイルのファイル名は、出力ファイル で指定したものに数字を付与したものとなります。 例えば、Sample.pdf と言うファイル名を指定した場合、実際に生成される PDF ファイルは Sample-01.pdf、Sample-02.pdf、のようになります。

尚、ファイルタイプとして PNG を指定した場合も同様の動作となります。