CubePDF Utility の基本的な使い方

CubPDF Utility は、既存の PDF ファイルに対してページ挿入や削除、文書プロパティ、 各種セキュリティ機能などの設定を変更するためのソフトウェアです。

CubePDF Utility メイン画面

CubPDF Utility を使用するためにはまず、編集したい PDF ファイルを開きます。 PDF ファイルを開く方法は、下記の 3 通りが用意されています。

  1. メイン画面中央または ファイル メニューに表示される 最近開いたファイル から選択
  2. 開く ボタンをクリックして表示されるダイアログから選択
  3. メイン画面へ編集したい PDF ファイルをドラッグ & ドロップ

選択した PDF ファイルに対して既にセキュリティ機能が設定されている場合、 管理用パスワードを入力するためのダイアログボックスが表示されますので、正しいパスワードを入力して下さい。

パスワード入力画面

PDF ファイルを開き、必要な操作を終えたら、最後に 保存(上書き保存) または 名前を付けて保存 ボタンを押して PDF への編集は完了です。

保存

PDF ファイルのパスワードについて

PDF ファイルには、閲覧および事前に許可された操作のみが可能となる 閲覧用パスワード と 全ての操作を実行する事ができる 管理用パスワード の 2 種類が存在します。

CubePDF Utility は PDF ファイルを編集すると言う性質上、開く際には常に 管理用パスワード を要求します。 そのため、閲覧用パスワード の入力では該当 PDF ファイルを開く事ができませんのでご注意下さい。 また、パスワードを入力せずに開く事ができる PDF ファイルであっても、管理用パスワード のみが設定されている事もあります。 該当 PDF ファイルを編集する場合、PDF ファイルの作成者に 管理用パスワード を尋ねる等の対応をお願いします。