CubePDF Utility による文書プロパティおよびセキュリティの設定

文書プロパティ

文書プロパティ

文書プロパティ メニューでは、タイトルや作成者などの情報を登録する事ができます。 ここで登録した情報は、Adobe Acrobat Reader DC などの PDF 閲覧ソフトのプロパティ画面で 閲覧する事ができます。また、ページレイアウト の項目は、PDF 閲覧ソフトで開いた時の 表示方法を変更する事ができます。

セキュリティ

セキュリティ

セキュリティ メニューでは、PDF ファイルにパスワード等を設定する事ができます。 パスワードを設定する場合は、まず PDF ファイルをパスワードで保護する の項目を有効にし、 管理用パスワード とパスワード確認の項目に同じパスワードを 2 回 入力してください。 暗号化方式は、現在 40bit RC4128bit RC4128bit AES256bit AES の 4 種類に対応しています。

次に、操作 の項目で、ユーザに許可・制限する操作を指定します。 設定可能な項目は以下の通りです。

  • PDF ファイルを開く時にパスワードを要求する
  • 印刷を許可する
  • テキストや画像のコピーを許可する
  • ページの挿入、回転、削除を許可する
  • アクセシビリティのための内容の抽出を許可する
  • フォームへの入力を許可する
  • 注釈の追加、編集を許可する

尚、PDF ファイルを開く時にパスワードを要求する の項目を有効にする際、 管理用パスワードと共用する の項目も有効にすると、CubePDF Utility は、閲覧用パスワードに 管理用パスワードと同じものを設定します。

ただし、管理用パスワードと閲覧用パスワードを共有した場合、PDF 閲覧ソフトによっては、印刷やコピー操作等の制限が正常に機能しない事があります。 これは、PDF 閲覧ソフトが管理用パスワードで PDF ファイルを開いたと認識するためと 予想されます。そのため、CubePDF Utilityでは、管理用パスワードと共用した場合、その他の操作に 関する許可設定を受け付けないように設計しています。

また、管理用パスワードで PDF ファイルを開いたと認識された場合、閲覧用パスワードの除去も 含めた全ての PDF 編集が可能になります。閲覧用パスワードを管理用パスワードと共用する場合、 これらの動作を十分に理解した上でご利用下さい。