CubePDF 2.0.0 or later

CubePDF

CubePDF 2.0.0 をリリースしました(ダウンロード用ページ)。修正点は下記の通りです。尚、2.0.1 以降の更新内容は本記事の最後に記載されています。

推奨環境の変更

CubePDF は、Microsoft から提供されている .NET Framework と言うフレームワークを利用して実現しています。これまで .NET Framework の推奨バージョンは 4.5.2 以降(動作可能バージョンは 3.5 以降)となっておりましたが、CubePDF 2.0.0 からは、これが .NET Framework 4.7 以降 に変更されます。この変更に関する背景等については、下記を参照下さい。

.NET Framework 4.5~4.6.2 がインストールされている環境では、.NET Framework 3.5 向けの実行ファイルがインストールされた後、それを互換モードで実行する形になります。そのため、これらの環境でも利用する事はできますが、細かな挙動で違いが生まれる可能性があります。例えば、CubePDF が変換後の PDF ファイルに対して付随的な編集を行うために利用している iText と言うライブラリは、最新版 (iText7) では .NET Framework 3.5 をサポートしていないため、旧バージョン (iTextSharp) を利用しています。

このような事情もあるため、可能な限り .NET Framework 4.7 以降に更新してのご利用をお願いします(ほとんどの環境においては、既に Windows Update によって自動的に置き換わっていると予想されますので、その場合は特別な対応は必要ありません)。尚、CubePDF は、インストール時に .NET Framework のバージョンに応じてコピーするファイルを切り替えています。そのため、.NET Framework を更新した場合は、再度 CubePDF の上書きインストールを実行して下さい。

メイン画面のレイアウトを変更

CubePDF メイン画面

CubePDF 2.0.0 では、メイン画面のレイアウトの見直しを行いました。CubePDF では、変換時にグレースケールにしたり、PDF ファイルに埋め込まれている画像ファイルを JPEG 圧縮してファイルサイズの削減を図る等の機能も有していますが、これらの機能が その他 タブに配置されている都合で現在の設定を見落としがちになっていました。

CubePDF の機能面においては(少なくとも当面は)仕様を大きく変更する予定がない事や、一般 タブにも余白が残っていた事から、2.0.0 ではこれらの機能をファーストビューとなる 一般 タブに移動する事としました。また、これに合わせて 一般 タブの表示項目の並び順を若干変更しています。

セキュリティの設定項目を変更

CubePDF セキュリティ画面

これまで、CubePDF の セキュリティ タブで設定可能な項目は CubePDF UtilityCubePDF Page と比較して簡易的な位置づけとしていましたが、2.0.0 ではこれらと同様の位置づけに変更しました。具体的には、アクセシビリティのための内容の抽出を許可する注釈の追加、編集を許可する の 2 項目が追加されました。

尚、暗号化方式に関しては CubePDF Page と同様、選択されている PDF バージョンの中で最も強固なものに自動的に設定される事となっています。

その他の修正

その他の修正は下記の通りです。

  • Ghostscript を最新バージョンである 9.56.0 に更新しました。
  • iText7 を最新バージョンである 7.2.1 に更新しました。尚、前述した通り、.NET Framework 3.5 向けには iTextSharp の最新バージョンである 5.5.13.3 が利用されています。
  • PDF ファイルを Web 表示用に最適化するグレースケール のオプションをともに選択し、既存の PDF ファイルの先頭や末尾に結合した場合、既存 PDF ファイルの内容もグレースケール化する不具合を修正しました。
  • CubePDF メイン画面表示時に、出力ファイルユーザープログラム のファイル部分が表示された状態になるように修正しました。

gsdll32.dll が見つからないと言うエラーについて

CubePDF 2.0.0 に更新後、一部の環境で DLL 'gsdll32' を読み込めません:指定されたモジュールが見つかりません と言うエラーメッセージが表示されるようになった事が確認されました。詳細については、gsdll32.dll が見つからないと言うエラーについて を参照下さい。

CubePDF 2.0.1 (2022-04-18)

CubePDF 2.0.1 では、依存ライブラリである Ghostscript および iText7 を更新しました。両ライブラリとも更新内容に脆弱性への対応が含まれていますので、早めの更新をお願いします。

CubePDF をご利用のユーザーは、CubePDF ダウンロード用ページ より最新版インストーラーをダウンロード後、上書きインストールによる更新をお願いします。また、ソースコードは GitHub 上の弊社リポジトリ で参照・取得する事ができます。