CubeVP

Cube シリーズの .NET Framework に関する対応方針

CubePDF、CubePDF Utility、CubeICE を始め、弊社が Cube シリーズとして公開している Windows ソフトウェアは .NET Framework と呼ばれる技術を利用しています。 .NET Framework には複数のバージョンが存在しており、Cube シリーズでは現在 3.5 または 4.5…

CubeVP および CubePDF SDK 6.0.0

CubeVP および CubePDF SDK 6.0.0 をリリースしました。CubeVP に関しては、内部ライブラリ(共通ライブラリ)の更新のみで、特に機能的な修正・追加はありません。 CubePDF SDK に関しては、共有ライブラリ (Cube.Core) の再編に伴い、サンプルコードにもい…

CubeVP および CubePDF SDK 5.0.0

CubeVP および CubePDF SDK 5.0.0 をリリースしました。CubeVP に関しては、内部ライブラリ(共通ライブラリ)の更新のみで、特に機能的な修正・追加はありません。 CubePDF SDK に関しては、SettingFolder.Value.Format プロパティに、Format で定義されて…

CubeVP 印刷前後でのプログラム連携

CubeVP では、仮想プリンターと言う性質上、印刷コマンドを発行するプログラム(印刷前プログラム)と印刷データ生成後に CubeVP より実行されるプログラム(印刷後プログラム)の 2 種類が存在します。この時、印刷前プログラムの GUI で 設定した内容に応…

株式会社キューブ・ソフトの有償・無償製品について

株式会社キューブ・ソフトでは 10 年以上に渡って CubePDF を始めとした Windows ソフトウェアを無償で提供してきました。そして、私が代表取締役に就任して以降、これらと並行して、主に法人・企業ユーザーを対象とした有償プランの提供にもチャレンジして…

CubeVP および CubePDF SDK 4.0.0

CubeVP および CubePDF SDK 4.0.0 以降の更新 4.0.2 (2021-09-07) CubePDF SDK 4.0.2 へ更新 4.0.1 (2021-08-12) CubePDF SDK 4.0.1 へ更新 CubeVP および CubePDF SDK 4.0.0 CubeVP および CubePDF SDK 4.0.0 をリリースしました。更新内容については、下記…

CubePDF のメイン画面を非表示にする方法

CubePDF に対して、最も要望の多い機能の一つにメイン画面(ダイアログ)を非表示にしたいと言うものがあります。各種アプリケーションから CubePDF プリンターを選択して印刷ボタンを押すと、あらかじめ設定しておいた内容で自動的に変換処理を実行して欲し…

CubeVP に個人向けの無償ライセンスを新設

カスタマイズ版 CubePDF (CubePDF Customize) と位置付けている CubeVP 2.0.0 をリリースしました。修正点は下記の通りです。 仮想プリンターが最新の場合に再インストールを省略するように修正しました。 詳細は CubePDF 1.2.0 を参照下さい。 ログの出力用…

CubeVP ライセンス体系

このドキュメントでは、CubeVP のライセンス体系について説明します。現在、CubeVP は Personal、Business、Server、OEM の 4 種類のライセンスの下で提供されています。 Personal Personal ライセンスは他の 3 種類のライセンスとは異なり、CubeVP を無償で…

CubePDF 正式版と仮想プリンター構築システム CubeVP の提供開始

本日、CubePDF 1.0.0 を 最初の正式版 としてリリースしました。この記事では、1.0.0 までの道のりの回顧と、同時リリースした有償によるカスタム仮想プリンター CubeVP の宣伝、もとい、狙いについて記載します。 CubePDF 1.0.0 のリリースまでの道のり Cub…

CubeVP および CubePDF SDK ユーザーマニュアル

CubeVP は、CubePDF でも利用されている、ユーザー独自の仮想プリンターを構築するためのソフトウェア群であり、下記のソフトウェアによって構成されています。 CubeVpMon 仮想プリンターを構築するためのシステムライブラリ CubeVPM: Cube VirtualPrinter M…

CubeVP チュートリアル

このドキュメントでは、CubeVP の使い方を学ぶ最初のステップとして、メイン画面の表示されない CubePDF を実行するための仮想プリンターを登録してみます。 このチュートリアルを実行する前に CubeVP の Web ページ より、 あらかじめ CubeVP のインストー…

CubeVP API

このドキュメントでは、CubeVP によって作成される仮想プリンターが連携する ユーザープログラムを実行する際の仕様 (API) について記載します。 「任意のアプリケーション(以下、アプリケーションと呼ぶ)」から印刷が実行されると、 仮想プリンターは、Wi…

CubeVPM: Cube VirtualPrinter Manager

Cube VirtualPrinter Manager (CubeVPM) は、仮想プリンターのインストール およびアンインストールを実行するための GUI アプリケーションです。 CubeVPM を使用するには .NET Framework 3.5 以降が必要です(4.5.2 以降を強く推奨)。 もし、ご利用の端末…

CubeVPC: Cube VirtualPrinter Console

Cube VirtualPrinter Console (CubeVPC) は、仮想プリンターのインストール およびアンインストールを実行するためのコマンドライン型アプリケーションです。 CubeVPC を使用するには .NET Framework 3.5 以降が必要です(4.5.2 以降を強く推奨)。 もし、ご…

CubePDF SDK の利用方法

サンプルプログラム Facade SettingFolder Cube.Pdf.Converter は CubePDF で使用される PostScript から PDF 等への 変換処理を提供するライブラリで、.NET Framework 3.5 以降、および .NET Standard 2.0 以降で 利用可能な NuGet パッケージとして公開さ…

Ghostscript ラッパーライブラリの利用方法

Cube.Pdf.Ghostscipt は Ghostscript を .NET Framework 上で利用するための ラッパーライブラリであり、.NET Framework 3.5 以降で利用可能な NuGet パッケージとして 公開されています。利用したいプロジェクトで下記の PackageReference を記述するか、 …

Native ライブラリのコピー方法

Cube.Pdf は現在、 Ghostscript および PDFium と言う Native なライブラリに依存しています。 また、これらのライブラリを簡単に利用するために、非公式な NuGet パッケージとして 下記のものを公開しています。 Cube.Native.Ghostscript Cube.Native.Pdfiu…