CubePDF Page

CubePDF Page 4.0.0 or later

CubePDF Page 4.0.0 (ダウンロード用ページ) をリリースしました。更新内容は下記の通りです。尚、4.0.1 以降の更新内容は本記事の最後に記載されています。 推奨環境の変更 文書プロパティおよびセキュリティ設定の追加 アプリケーション設定の追加 重複…

Cube シリーズの .NET Framework に関する対応方針

CubePDF、CubePDF Utility、CubeICE を始め、弊社が Cube シリーズとして公開している Windows ソフトウェアは .NET Framework と呼ばれる技術を利用しています。 .NET Framework には複数のバージョンが存在しており、Cube シリーズでは現在 3.5 または 4.5…

CubePDF Utility 1.6.3 および CubePDF Page 3.6.1

CubePDF Utility 1.6.3 (ダウンロード用ページ) および CubePDF Page 3.6.1 (ダウンロード用ページ) をリリースしました。更新内容は下記の通りです。 画像ファイル(特に JPEG ファイル)を PDF の 1 ページとして結合した時に、結合後の PDF ファイル…

CubePDF Utility 1.6.1 および CubePDF Page 3.6.0

下記 2 ソフトウェアをリリースしました。更新内容としては、PDFium の定期アップデート(Chromium 95 相当に追随)に加えて、PDF のしおりに関する修正を行いました。 CubePDF Utility 1.6.1 (ダウンロード用ページ) CubePDF Page 3.6.0 (ダウンロード用…

株式会社キューブ・ソフトの有償・無償製品について

株式会社キューブ・ソフトでは 10 年以上に渡って CubePDF を始めとした Windows ソフトウェアを無償で提供してきました。そして、私が代表取締役に就任して以降、これらと並行して、主に法人・企業ユーザーを対象とした有償プランの提供にもチャレンジして…

CubePDF シリーズのバージョンアップ

CubePDF シリーズの内、下記のバージョンアップを行いました。 CubePDF 1.5.0 CubePDF Utility 1.5.0 CubePDF Page 3.5.0 今回の更新では、CubePDF シリーズの次期メジャーバージョンアップへ向けての準備段階として、PDF の編集処理を中心とした内部処理の…

CubePDF Page 3.1.1

CubePDF Page 3.1.1 をリリースしました。3.1.1 では、追加ボタンやドラッグ&ドロップ等で CubePDF Page に登録されたファイルを 3 項目以上選択して「上へ/下へ」ボタンを押すとエラーが発生する不都合が修正されました。 また、CubePDF Page が利用してい…

CubePDF Utility リリース後に CubePDF Page の開発を再開した理由

現在、CubeSoft, Inc. では「CubePDF シリーズ」として、いくつかの PDF 関連ソフトウェアを提供しています。この中でメインとなるのは、PDF 変換を行うための仮想プリンターである CubePDF と、PDF ファイルに対してページ単位の結合、削除、順序の入れ替え…

CubePDF Page 3.1.0

CubePDF Page 3.1.0 をリリースしました。修正点は以下の通りです。 複数ファイル選択時の追加順序を修正 これまで Drag&Drop 時などで複数のファイルおよびフォルダーを選択した場合、その並び順は Windows から通知されたものをそのまま利用していましたが…

Cube シリーズ有償版インストーラーの提供開始

CubePDF、CubePDF Utility、CubeICE を始め、CubeSoft, Inc. では多くのソフトウェアを公開しています。これらのソフトウェアは、個人・法人に関わらず誰でも無償で自由で利用する事ができ、また利用形態も問わない形で提供しています。 しかし、企業ユーザ…

CubePDF Page 3.0.0

CubePDF Page 3.0.0 をリリースしました。修正点は以下の通りです。 内部処理を CubePDF Utility の最新版に追随 CubePDF Page は 2.0.1 をリリースして以降、長い年月が経過しており、内部処理等が CubePDF Utility やそのライブラリ(共通処理)の更新に追…

CubePDF シリーズのライセンスや利用条件等について

はじめに 会社内または商用で利用可能ですか? 利用方法に関して制限事項はありますか? 社内サーバから配布できますか? 日本語のライセンス条文はありますか? サポート期限はありますか? ソースコードは公開されていますか? はじめに CubePDF シリーズ…

CubePDF Page 2.0.1

CubePDF Page は CubePDF Utility に機能統合した事で更新を終了する予定でしたが、現在もかなりの数のユーザにご利用頂いてるため、いくつかの機能を追加してリニューアルする事となりました。 CubePDF Page 2.0.0 では、PDF ファイルを結合する際に、画像…

CubePDF Page 1.0.0

新着情報 (2013/06/06) CubePDF Utility と CubePDF Page の機能が統合された新しい CubePDF Utility がリリースされました。 本日、CubeLab の一つとして CubePDF Page をリリースいたしました。CubePDF Page は、いくつかの PDF ファイルを結合、または分…

CubePDF Page ユーザーマニュアル

はじめに CubePDF Page ユーザーマニュアルは、CubePDF Page の最新バージョンに沿った内容となっています。ご利用になっている CubePDF Page の表示内容や挙動が記載されている内容と異なる場合、CubePDF Page のダウンロードページ より最新バージョンかど…

CubePDF Page の基本的な使い方

CubPDF Page は、既存の PDF ファイルや画像ファイルを結合、または分割するためのソフトウェアです。結合・分割後の PDF ファイルに対して文書プロパティや各種セキュリティ機能などの設定を追加する事もできます。CubPDF Page を使用するためにはまず、結…

CubePDF Page メイン画面

CubePDF Page メイン画面に表示されているボタン等の機能は下記の通りです。 ファイル一覧 メイン画面の左側には、結合または分割対象となるファイル一覧が表示されます。PDF ファイルまたは画像ファイル (BMP, PNG, JPEG, GIF, TIFF) を登録する事ができま…

CubePDF Page 文書プロパティ

メイン画面で 文書プロパティ ボタンをクリックすると、上記のような画面が表示され、タイトルや作成者などの情報を登録する事ができます。ここで登録した情報は、Adobe Acrobat Reader DC などの PDF 閲覧ソフトのプロパティ画面で閲覧する事ができます。ま…

CubePDF Page セキュリティ設定

文書プロパティ 画面では、文書プロパティ タブに加えて セキュリティ タブも表示されます。セキュリティ タブでは、PDF ファイルにパスワード等を設定する事ができます。パスワードを設定する場合は、まず PDF ファイルをパスワードで保護する の項目を有効…

CubePDF Page の設定およびバージョン情報

メイン画面のヘッダ部分に表示されている CubePDF Page をクリックすると CubePDF Page のバージョン情報および関連する設定画面が表示されます。 アプリケーション設定 バージョン情報 アプリケーション設定 設定 タブでは、CubePDF Page の挙動に関するい…

CubePDF Page ショートカットキーの一覧

CubePDF Page で有効なキーボードのショートカットキーは、以下の通りです。 Ctrl + M ... ファイルの結合を実行 Ctrl + S ... ファイルの分割を実行 Ctrl + E ... 文書プロパティおよびセキュリティ編集画面を表示 Ctrl + H ... CubePDF Page の設定画面を…

CubePDF Page のアンインストール

CubePDF Page をアンインストールするには、まず、設定のアプリと機能(Windows 8 以降)または、コントロールパネルのプログラムのアンインストールを選択します。そして、表示される画面で CubePDF Page のアイコンを選択してアンインストールの項目を実行…

CubePDF Page のよくある質問 (FAQ)

Windows のどのバージョンで動作しますか? 必要なランタイムやフレームワーク等はありますか? どうやってバージョンアップすれば良いですか? Windows のどのバージョンで動作しますか? CubePDF Page の動作対象は、サポート期限の有効な Windows として…